他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

お金を借りる 延滞中

  1. 何とかしてお金を借りたい
  2. 延滞中にお金を借りる
  3. 延滞中にお金を借りるには
  4. 中小消費者金融会社や街金
  5. 延滞中でも借りることができる
 
延滞中でも借りれる
 

何とかしてお金を借りたい

どこもお金を貸してくれないとなると絶望的になるものです。お金を借りたいと思ったら、銀行カードローンがすぐに頭に浮かぶのですが、実際に銀行からお金を借りることのできる人は、それほど多くはありません。正規雇用の人でしたら簡単に借りることができると思いがちですが、実はそうでもないのです。

大きな要因としてクレジットカードがあげられます。クレジットカードを持っていること自体が、すでに債務を抱えているということになるからです。クレジットカードを持っているあるいは、買い物に使っているといったくらいでは、あまり意識することはないのですが、クレジットカードもキャッシングができ、その利用可能額がクレジットカード毎に決まっているのです。その利用可能額というのが、すでに借金をかかえているといってもいいのです。

というのもその利用可能額の範囲内でしたら、いつでもキャッシングできます。キャッシングというのはイコール借金ということです。クレジットカードでキャッシングするにもすぐにお金を用立てできますし、お金を借りる際につきものの審査というのがありません。

実はクレジットカードの申し込みをした際に、審査に通っているからクレジットカードを持つことができているのです。ですから、クレジットカードを持っていること自体が、債務者であるということになるのです。同じ理屈になるのですが、スマホや携帯を持っているのも同じことです。スマホを持つにも審査が必要ですし、実際にスマホにもクレジットカードと同じような機能があるのです。

実際にカードローンなどの融資を受けるよりも簡単な審査となるのですが、クレジットカードを持ちすぎると途端に属性が低くなってしまいます。自分では持っているだけということになるのですが、カードローンなどを審査する銀行や消費者金融会社などからみると、クレジットカードの持ちすぎは借金体質のある人ということになります。極端に言えば多重債務者と同じような扱いになるので、クレジットカードの持ちすぎには気をつけたほうがいいでしょう。

また、クレジットカードの申込みを繰り返していると、いつかクレジットカード作成の審査に通らなくなります。そこがクレジットカードを作成するためのボーダーラインと考えるといいでしょう。その場合は、カードローンなどへ融資の申し込みをしても審査に通らない場合があります。それは理由が明白で、クレジットカードの作りすぎということになるのです。

クレジットカードは3枚程度持っていれば十分に使い回すことができます。ライフスタイルに合わせてクレジットカードを厳選し、余分なクレジットカードを作らないようにするのが鉄則と考えていいでしょう。また、カードローンなどの審査にも影響が出るので、それを考えるとなおさら、クレジットカードの保有枚数に気をつけるようにしたほうがいいです。

クレジットカードの枚数が多いと、銀行カードローンは特にシビアです。また、銀行カードローンは前述しているように雇用形態が正規雇用でないと、融資の申し込みをしても審査に通ることは難しいでしょう。パートアルバイトの人でしたら、恐らくというかほぼ銀行カードローンの審査に通る可能性はないと考えていいです。

また、正規雇用の人でも安泰というわけではなく、複数の他社借入れがある場合でしたら、審査に通ることは難しくなります。このことから銀行では、融資の申込者に対して返済能力があるかどうかを、厳しく審査しているということになります。複数の他社借入れがある中でさらにカードローンの申し込みですから、借金体質のある人で、借金の返済に新たに借金の申し込みをしているというふうに取られるからです。

いずれにしても銀行カードローンから借り入れができないとなると、頼るのは消費者金融会社しかありません。消費者金融会社もカードローンを取り扱っているのですが、カードローンを取り扱ったのは銀行ではなく消費者金融会社の方が先です。消費者金融会社は貸金業者ですから、個人向けにお金を貸すことに特化してこれまで続けてきたのです。一時期というよりも今もサラ金と呼ばれることもありますが、昔の取り立ての厳しいサラ金のイメージは、今の消費者金融会社にはありません。ですから、安心して融資の申し込みができるのです。

厳しい取り立てや夜になってからの督促の電話も法律で厳しく制限されているので、昔のような取り立てはありません。銀行カードローンとアコムやアイフルなどの大手消費者金融会社のカードローンの違いは金利の違いと、後は世間体ということになります。いまでも消費者金融会社からお金を借りるというのは、お金に困っているのではということになるからです。実際には間違いないのですが、それはあまり世間には知られたくないということですね。

現在の消費者金融会社のローンは、家族にも知られることがないように、郵送物が無いように設定することもできます。人に知られること無く消費者金融会社からお金を借りることが容易になったのです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中にお金を借りる

延滞中ということは、明らかに契約違反ということになります。返済日に返済できなかったのですから、延滞遅延損害金も発生することでしょう。

単に引き落とし口座にお金の用意を忘れていたということで、すぐに気がついてお金を入れておくとか、サポートデスクなどに連絡して、こちらから指定口座に振り込むなどの措置をすることで事なきを得る場合もあれば、延滞は延滞とシビアに、信用情報機関に延滞情報として登録されることもあります。

ケースバイケースでこうだから大丈夫ということはなく、信用情報の世界は公表されないので何が正しいということはありません。はっきりしているのは借りたら返済日を守ってきちんと返すということです。

延滞しても返済をすれば金融事故も延滞というだけで済むのですが、延滞してそのまま返済しなければ結果的には債務整理ということになります。そうなるとブラックということですから、融資の申し込みをしても審査に通ることはありません。

それでは、延滞中にお金を借りるというのはどうかというと、借りることができる場合と借りることができない場合、結局は二つに一つということです。闇雲に融資の申し込みをして、審査に落ちてしまうと、俗にいわれる申し込みブラックになってしまいます。銀行などの金融機関や、消費者金融業者などの貸金業者は信用情報や返済能力を重視します。延滞しているのにキャッシングの申し込みをされても、返済してもらえないのではと思うのは当然のことです。ですから、延滞中であれば銀行や、特に大手消費者金融会社からお金を借りることはできないでしょう。

他社で延滞していることがわかるのかということですが、銀行や消費者金融会社の多くは信用情報機関に加盟しています。信用情報機関は延滞中などの情報を記録していますから、そういった情報を他の銀行や貸金業者も共有することができるので、他社の借り入れを延滞しているのなら、融資の申し込みを受けても審査に通すことはできない、ということになるのです。

実際に延滞している人でしたら、資金繰りが苦しいか現金を持っていないということになります。先々でお金の入るあてがあるにしても、それも延滞している借金の返済にあてなければいけないので、資金繰りが苦しいのは容易に察知できます。

また、延滞中の借金の返済のために新たな融資の申し込みをしている可能性も高いのです。そういった人に消費者金融業者、とくに消費者金融会社の中でも、審査が厳しいとされる大手消費者金融会社から、融資受けることは難しいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中にお金を借りるには

延滞中にお金を借りるのは、普通に考えても無理といっていいでしょう。借金の返済を延滞している人にお金を貸すような人はいません。

とはいっても、中には延滞中の人であっても、お金を借りることができたという人もいます。口コミサイトなどでは、延滞中の人がお金を借りることができたといった投稿もよくみられるのです。

実際にブラックでも借りることができたという人もいるくらいですから、延滞中というのはまだまだ、債務整理一歩手前と言えます。そこからきちんと返済していけば債務整理になることもありません。

消費者金融会社の中でも貸してくれる可能性があるのは、大手消費者金融会社以外です。となると、中小消費者金融会社や、もっと小規模な消費者金融会社の街金ということになります。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

中小消費者金融会社や街金

消費者金融会社も信用情報機関にしています。しかし、全ての消費者金融会社が信用情報機関に加盟しているわけではないのです。

信用情報機関に延滞情報などが記録されているので、信用情報機関に加盟していなければそういった情報を照会することができません。ですから、融資の申し込みをするのでしたら、信用情報機関に加盟していない消費者金融会社ということになります。

もっとも、借入の申し込みをするのに、信用情報機関に加盟しているかどうかを聞くのも不自然ですし、意図していることがわかってしまうこともあるでしょう。信用情報機関に加盟していることを公表している、中小消費者金融会社や街金もいますが、たいていは非公表となっているのです。問い合わせて教えてくれるところもあるかもしれませんが、たいていはこちらが推察するしか無いです。

そういったことから、頼りになるのは口コミサイトということになります。口コミサイトには、延滞中でも借りることができたという書き込みも見ることができます。そういった中小消費者金融会社や街金を自分で調査して、融資の申し込みをするようにしましょう。

そういった貸金業者は、信用情報機関に加盟しているしていないにかかわらず、審査は独自審査で行い、現在の属性のみで審査をする貸金業者です。そのため定職に就いて安定した収入を得ている人でしたら、延滞中かどうかということは不問で審査をしてくれるのです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中でも借りることができる

現在の属性のみで審査をしてくれる貸金業者は少なくありません。口コミサイトなどを活用して、延滞中でも貸してくれそうな貸金業者、審査も独自審査と重視する貸金業者などを探すといいでしょう。

延滞中であっても、ほぼ返済不能ということでも貸してくれる場合があります。もっとも、電話などで在籍確認が取れること、連絡がしっかりできることなどが最低限の条件となるので、注意しましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる

延滞中にお金を借りるのは絶対に不可能です

延滞中のキャッシングは絶対にできないです。 消費者金融の申し込みをすると、信用情報で申込者の状態を確認します。 その時に重視するのが延滞です。多重債務や債務整理などの状態もポイントですが、他社…

長期延滞は避けるべき お金は借りられない

延滞には、長期延滞があります。 返済日に入金がないと連絡が来ます。最初は電話ですが、そのうち一括返済の督促状がきます。 それに対して、すべて無視をすることも可能です。電話にはでない、郵便物も無視し…

延滞中のキャッシングができる?

延滞中の新規キャッシングの申込みは、審査通過ができないです。 甘い審査の中小消費者金融の情報サイトでは、その審査通過はいろいろです。 ブラックリストでも、借入ができる中小消費者金融は多いです。…

延滞中の金貸しは闇金だけ?

延滞中のキャッシングで、申込みができる金融業者もあります。 たいていの消費者金融では、借入ができない延滞の金融事故です。 よって、まとめローンなどを積極的に勧めてくる場合、きちんと検討してくだ…
延滞中でも借りれる