他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

カードローン 延滞中

  1. お金を自分で調達する
  2. 銀行カードローンで借りる?
  3. 消費者金融会社のカードローン
  4. カードローンを延滞中だとしたら
  5. ブラックでも借りることができる?
 
延滞中でも借りれる
 

お金を自分で調達する

お金が必要ならまずは自分で調達する方法を考えましょう。とはいっても自分でなんとかするとなると、バイトなどをして働いて報酬をえるのが近道です。昼のメインの仕事を持っている人でしたら、夜か土日しか働くことはできません。

また、メインの仕事を持っているということは、給料日を待たずにお金が必要になったということですから、できればバイトも日払いできるところを探したほうがいいでしょう。即金でお金がもらえるので、その日暮らしをしている人でしたら、とても重宝する日払いの仕事ですが、日払いの仕事はガテン系のきつい仕事が多いです。ですから、体力勝負になるので、体力に自信のない人は避けたほうがいいでしょう。

もっとも、必要なお金が3万円程度でしたら、なんとかがんばって3日働けば3万円の報酬を得ることができるので、短期のバイトとして頑張るといった選択肢もあります。ただし、不慣れなガテン系のバイトですから、最低限労災に加入しているかどうかを確認するのを忘れないようにしましょう。ケガをして労災が出なければ自腹での治療となってしまう場合もあります。その点の確認は必ずするようにしましょう。

いずれにしても日払いのバイト自体は少ないですし、それを糧に生活をしている人も少なくないので、競争率は高いです。スポット的に働くので、雇い主のほうが嫌がる場合もあるので、確実に日払いの仕事があると考えないほうがいいでしょう。

日払いにこだわらずに今の収入にプラス3万円欲しいというのでしたら、いくらでもバイトはあるので、コンビニ店員でもいですし、ファーストフード店などサービス系のバイトでしたら、いつでもウェルカム状態です。人手不足ですから時給千円以上で働くことができるでしょう。むしろ時給は千円以内のバイトはしないほうがいいかもしれません。

もっとも、長く続けたい場合は時給よりも仕事のしやすさを優先したい場合もあるので、そういった点もよく考えたほうがいいでしょう。いずれにしても、日払いにこだわらなければ、人手不足の折、バイトはいくらでもあると考えていいです。

コンビニ店員やファーストフード店の場合は、手際の良さといったスピード感を求められるので、慣れていないと最初はなかなか苦戦するかもしれません。まずは最初の山を乗り越えたら継続してバイトで稼ぐことができるでしょう。

バイトで自分の力で誰にも迷惑をかけずに稼ぐのですから、バイトが一番いいでしょう。もっとも本業に影響が出ないようにしなくてはいけません。会社によっては副業やバイトを禁止しているところがあるので注意しましょう。

バイトをする時間もなく、すぐにでもお金が必要な場合でしたら、家にある不要品を買取りしてもらうようにしましょう。不要品ですから買取値はそれほど高くはならないと思いますが、それでも数を売ればかなりの額にはなるでしょう。中には高値で売れる不要品もあるでしょう。ですから、すべての買取値となると1万円や2万円にはなると思います。そして、書籍やコミックなども買取りしてもらいましょう。コミックは人気シリーズが全巻揃っていればかなりの高値が期待できます。

いずれにしても、必要なお金が3万円から5万円程度でしたら、家にあるものをかき集めてなんとかなるお金です。家にあるものを買取りしてもらうのですから、何度も利用できるものではありませんが、緊急時には家にある不要品はかなり有効に活用できる宝の山と言えるでしょう。

普通にしていてれば処分してしまうようなものですから、それがお金になるのですから、活用しない手はありません。書籍などは持っておきたいものですが、一度読んだものは読まない確率のほうが高いですから、ここは思い切って処分するのが得策です。

困ったときの友人頼みではないのですが、3万円程度のお金が必要なときは、友人に頼るのが得策です。昔からのつきあいですから、気心もしれていますし、なによりもお互いの信頼関係があります。ですから、お金を貸しても必ず返してくれるという安心感があるのです。

とはいっても友人の関係で大金を借りるのではなくあくまでの小遣い程度に収まる金額での貸し借りが望ましいです。財布の中に入っている金額としても3万円程度がもっともリーズナブルであり、上限金額と言ってもいいでしょう。

借りるときは自分の方から借用書を用意しましょう。通常でしたら貸し出しするほうが借用書を用意するものですが、友人なので借用書を作ることはしないでしょう。ですから、友人との貸し借りの場合は借りる方が借用書を作るのです。水くさいとか言われそうですが、お金のことでこじれるようなことがあれば、友人関係もすぐに瓦解してしまいます。そうならないように借用書があれば貸し出しするほうも安心するからです。

借用書には、次の給料日に一括で返済する旨を一筆したためておきましょう。間違っても分割で返済するというようなことをしてはいけません。友人も小遣いの中から捻出してくれたのですから、できるだけ早くしかも一括で返済するのがマナーです。これはしっかり守るようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

銀行カードローンで借りる?

まとまったお金が必要になったら、銀行か消費者金融会社を頼るしかありません。当然ですが金利の低い銀行からお金を借りるようにしたらいいでしょう。

銀行の主力のローンとなると銀行カードローンとなりますが、これは誰でも気軽に借りるといったものではありません。銀行カードローンを借りるにも審査が必要となるのですが、その審査基準が厳しいのです。属性が低いと銀行カードローンを借りることはできません。

この属性というのは信用度や返済能力を表わす指標となるもので、一つではなくさまざまな項目から属性の高低が決まるのです。項目の中でも属性を決定づける有力なものとして、雇用形態があげられます。これは正規雇用と非正規雇用に分かれるものですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。

いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。正規雇用の人のほうが属性が高いことは分かるのですが、もっとはっきりした理由付けは、雇用が会社から保証されているかということです。

正規雇用の人は入社時に結んだ雇用契約が定年までいきます。つまり定年するまで雇用が保証されているということです。一方の非正規雇用の人も雇用契約を結ぶのですが、3ヵ月や6ヵ月あるいは1年といった有期の雇用契約となるのです。

ですから、雇用契約が切れるときは更新しなくてはいけないのですが、そのときに会社が雇用契約の更新に応じなければ雇用契約は解消され、会社を辞めなくてはいけなくなります。これがいわゆる雇い止めというものです。

このことから、正規雇用の人は属性が高く、非正規雇用の人は属性が低いということになります。銀行から見ると非正規雇用の人は収入が安定していない、つまり返済能力に難があると見られるのです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

消費者金融会社のカードローン

銀行カードローンの審査に落ちてしまったら、次に頼るのが消費者金融会社のカードローンです。属性に不安のある人でも消費者金融会社のカードローンでしたら、審査に通ることができるでしょう。

しかし、銀行カードローンの審査に落ちたからといってすぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしてしまうと、審査に落ちてしまうでしょう。それは、銀行カードローンの審査に落ちたという情報が信用情報機関に金融事故情報として記録されているからです。

消費者金融会社も融資の申し込みを受けると、申込者の信用情報を信用情報機関に照会します。そのときに金融事故情報を照会するとその時点で審査落ちとなってしまうのです。それを申し込みブラックと呼んでいます。

審査に落ちたという情報は6ヵ月で削除されるので、6ヵ月間は新規のカードローンの申し込みを控えたほうがいいでしょう。お金が必要なときに厳しいですが、審査に落ちないことをまずは優先的に考えたほうがいいです。

消費者金融会社のカードローンの特徴としては、銀行カードローンよりも審査基準が緩く借りやすいといった面と、多彩な申し込み方法にあります。WEBや店頭での申し込みももちろんなのですが、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内の自動契約機を利用することができます。また、もっとも大きな特徴が全国各地に設置している無人契約機です。これは24時間365日稼働していて、いつでもカードローンの申し込みをすることができます。

即日融資にも対応していて、その日の22時までに申し込み手続きを済ませて審査に通ればすぐにローンカードが発酵されます。それをもって最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。即日融資は銀行カードローンでは対応していませんから、その日のうちにまとまったお金が必要というときの頼みの綱は、消費者金融会社のカードローンが唯一となるのです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

カードローンを延滞中だとしたら

銀行や消費者金融会社のカードローンを延滞していると、電話による確認か封書による督促状が自宅に郵送されます。まずは電話による確認が行われます。

取り立てといた昔ながらのサラ金のようなことはなく、あくまでもマイルドに低姿勢での電話の内容になります。主な目的は、電話連絡が取れることと、返済の意思の確認です。口座に入れ忘れたといったうっかりミスでしたら、再度引き落としか振込みかの手続きを選んで対処します。

払いますと言いながら、期日までに確認が取れないと督促状が自宅に届くという順序になります。電話、督促状が2回あるいは3回程度行われ、いよいよ返済されないとなれば、裁判所への調停依頼となります。延滞ですから、返済するお金がないことがその理由です。そのために他の消費者金融会社のカードローンや通常ローンに融資の申し込みをするでしょう。

しかし、延滞が日常的になっていると、その内容が信用情報機関に記録されているので、どこからもお金を借りることはできないでしょう。そのまま債務整理になってしまうと、ブラックとなってしまうので、お金を貸してくれるところは闇金融くらいしかなくなります。そうならないためにも、連絡はマメに行い、債務整理に入って話し合いの席を設けるようにしましょう
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

ブラックでも借りることができる?

延滞中か返済不能での債務整理になったら、金融事故情報として信用情報機関に登録されているので、新たにカードローンの申し込みをしても審査に通ることはありません。

いっぽうで、中小消費者金融会社や街金では、ブラックでも借りることができたというネットの口コミサイトでの投稿を確認することがあります。これは独自審査を行っている中小消費者金融会社や街金に多いのですが、審査は信用情報機関を通さず、自社審査を行っている貸金業者なのです。

現在の属性のみを重視して、電話による在籍確認や収入証明書の提出などができたら審査OKというものです。もっとも、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないのでその点は注意が必要です。

延滞中というのは返済できないということですから、どこからもお金を借りることはできないでしょう。債務整理一歩手前、あるいは債務整理に入っている状況ですから、債権者と今後を話すしか道がありません。債務者のほうも弁護士を立てるなりの対処をしたほうが結果的に良い場合が多いです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
延滞中でも借りれる