他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中作れた クレジットカード

  1. お金をなんとかして調達したい
  2. クレジットカードを作るにも審査が必要
  3. 消費者金融会社が作っているクレジットカード
  4. 延滞中でもクレジットカードが作れる?
  5. 延滞中作れたクレジットカード
 
延滞中でも借りれる
 

お金をなんとかして調達したい

お金をなんとかして調達したい場合はどうしたらいいでしょうか。調達したいお金が少額な場合はクレジットカードのキャッシングが一番手っ取り早いでしょう。数万円程度でしたら、次の給料日以降の支払日で一括払いでいけるでしょう。

もっとも、それ以上となると気をつけたほうがいいでしょう。クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は共有されています。どちらも同じ枠を取り合っているということですね。イメージ的にはショッピング枠の中にキャッシング枠があるという感じで捉えるといいでしょう。

ショッピング枠が50万円でキャッシング枠が30万円の場合でしたら、トータルで80万円ではなく、この場合は50万円です。しかもキャッシング枠はショッピング枠よりも少なくなっています。これは、ショッピング枠で毎月の光熱費やスマホ代などを、クレジットカードのショッピング枠で支払っている人が多くなってきているため、クレジットカード会社もショッピングとキャッシングの利用限度額を違う金額にしているのです。

キャッシングを少なくしていないと、突発的に入り用な事態となってキャッシングで借りすぎてしまうと、毎月の光熱費の引き落としなどができなくて、延滞ということになってしまいます。クレジットカードの延滞も震央情報機関に記録されることになるので、後々不便になることがあるので気をつけたいところです。クレジットカードのキャッシングもそれほど高額でなく数万円程度でしたら大丈夫でしょう。いずれにしても銀行残高には注意したほうがいいです。

また、クレジットカードのキャッシングで気をつけたいのは、キャッシングした翌日から金利計算されるということです。クレジットカードのショッピングが翌日一括払いの場合、金利手数料がかからないので、キャッシングも同じと思う人も多いと思いますが、キャッシングの翌日からしっかりと金利手数料が計算されます。しかも、クレジットカードのキャッシングの金利は、消費者金融会社のカードローンの金利よりも高く設定されているので注意しましょう。

少額で、3万円程度でしたら、友人や知人からお金を借りたほうがいいかもしれません。もっとも金利手数料とかはありませんが、お金を貸してくれたお礼として食事をおごった場合は恐らく友人に借りたほうがお金がかかってしまうことでしょう。そうなるとクレジットカードのキャッシングのほうがお得ということにもなりかねません。クレジットカードで借りてきちんと返済することでクレヒスも上がっていきますから、クレジットカードのキャッシングのほうが後々ではお得と言えるかもしれません。

もっとも、3万円程度でしたら友人もすぐに用立てしてくれますから、こちらの方が気兼ねなく借りることができるでしょう。それと、借りる側からしっかりと借用書を用意するようにしましょう。親しき仲にも礼儀がないといけませんから、借用書を用意しておくと友人もさらに気持ち良くお金を貸してくれると思います。

もう少し高額になると、やはり銀行や消費者金融会社からお金を借りたほうがいいでしょう。金利の低さから少しでも返済を楽にしたいのでしたら、銀行カードローンがいいでしょう。しかし、銀行カードローンは審査が厳しくて誰でも気軽にお金を借りるということができません。属性の高い人でしたら、借りることができるでしょうし、属性の低い人でしたら、銀行カードローンの審査に通るのが難しそうです。

この属性というのは、お金の借りやすさの指標です。属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、主なものでは、雇用形態です。雇用形態が正規雇用の人でしたら属性が高く、非正規雇用の人でしたら属性が低くなります。このあたりは容易に想像がつきそうですが、属性の高い低い明確に決定づけるのは、その身分が雇用主である会社から保証されているかということです。端的にいうと雇用契約です。

正規雇用の人俗に正社員といいますが、この場合の雇用契約は入社後すぐに結んだ雇用契約がほぼ無期として定年間で機能します。つまり、定年までその身分が会社から保証されているのです。一方の非正規雇用の人は、パートアルバイト、派遣社員、契約社員などに分けられます。そしてそのいずれもが雇用契約が有期となっているのです。3ヵ月というスパンの雇用契約もあれば、6ヵ月や1年という雇用契約の形もあります。

雇用契約の更新の日にちが近づいて、会社から契約更新の意思がないことがわかると、その場で雇用契約がなくなり、退職という形になります。俗に使い捨てとも取られかねないものですが、非正規雇用という人たちは、ある意味労働人口のつじつま合わせで使われていると考えていいのかもしれません。いずれにしても正社員は審査がゆるく、非正規雇用の人は審査が厳しくなってしまうのです。

金利の低い銀行カードローンですが、デメリットがあるとしたら、銀行カードローンが即日融資に対応していないことでしょう。一頃のメガバンクを中心とした銀行カードローンの即日融資が大々的に宣伝されていた時期がありました。そういえば見なくなったと思う人も多いでしょう。言われてみれば見ないなというのが多くの人の感想です。

銀行カードローンの審査が当日で終わらないのかは、警察庁のデータベースへのアクセスが必要になったからです。不正融資を防止する一環ということです。警察庁のデータベースにアクセスして、銀行カードローンの申込者の照会情報を得るのは最短でも翌日以降となってしまうのです。

当日中にお金が欲しいというときにはかなり気分的に落ち込みとなるでしょう。お金が必要といっても数日位の猶予があるのでしたら、銀行カードローンで借りるほうがいいのですが、即日融資に対応している消費者金融会社のカードローンも捨てがたい魅力といっていいでしょう。

消費者金融会社で借りる場合は、多くの場合銀行カードローンの審査に落ちたときでしょう。銀行カードローンに比べて消費者金融会社のカードローンのほうが審査基準が低いですから、銀行カードローンに比べて格段に借りやすいと言えます。また、消費者金融会社の申し込み方法も多彩ですから、Webや店頭からの申し込みの他に、メガバンク行内にある自動契約機や全国各地にある、無人契約機などから申し込みができます。

特に無人契約機の場合はモニター上でのオペレータと会話形式で申し込みを行うので間違いをすぐに是正できるのがメリットです。24時間365日稼働しているので、いつもで融資の申し込みができますし、22時までに手続きを済ませることができて、審査に通ればすぐにローンカードが発行されて、もよりのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。スピード融資と使い勝手の良さでは、銀行カードローンよりも消費者金融会社のカードローンの方が優れているといっていいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

クレジットカードを作るにも審査が必要

お金の調達方法としては、クレジットカードのキャッシングがあります。もともと、クレジットカードを持っていると、キャッシング枠の中からお金を借りることができるのです。

クレジットカードを申し込むときに審査を受けているので、それ以降はお金をキャッシングするたびに審査を受けることはありません。いつでも気楽にキャッシングできるのが、クレジットカードのメリットと言えるでしょう。

また、新規でクレジットカードを作ろうとするときは、そのときの属性によって審査を受けることになります。クレジットカードの審査は、クレジットカード会社によって審査が厳しかったり緩かったりとまちまちです。銀行系クレジットカードでしたら、銀行カードローンと同様に審査が厳しくなります。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

消費者金融会社が作っているクレジットカード

消費者金融系のカードローンでしたら、審査が緩いです。もっとも現在消費者金融会社が発行しているクレジットカードはアコムのACマスターカードしかありません。

属性に不安のある人でも、作りやすいクレジットカードということですから、クレジットカードの審査に落ちた人も、ACマスターカードでしたら審査に通ってクレジットカードを作ることができるかもしれません。

なお、審査に落ちてすぐに他のクレジットカードの申込をしても、申し込みブラックで審査落ちとなるので、審査に落ちた場合は審査落ちしたという金融事故情報が消えるまで、6ヵ月間はクレジットカードの申込をしないほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中でもクレジットカードが作れる?

消費者金融会社や銀行などのカードローンを延滞していたり、クレジットカードの支払いを延滞していたりする場合、そういった情報が個人信用情報機関に記録されるので、新たにクレジットカードの申し込みをしても、そういった情報を照会してしまうと、審査に通ることはできません。

一方で延滞をした直後ということでしたら、正確に延滞情報として信用情報機関に記録されるのは数日あるいは一週間以上かかる場合があります。ですので、延滞してすぐにクレジットカードの申し込みをすると、延滞した情報がまだ信用情報機関に記録されてなく、その間隙を突いてクレジットカードの審査に通る可能性があるのです。

クレジットカードの審査では、信用情報機関に申込者の信用情報をしっかりチェックするので、照会情報に延滞していることが載っていれば、その場で即審査落ちとなるのは間違いありません。

延滞してしまったときに、延滞情報が信用情報機関に記録される前に、素早くカードローンの申し込みをするといいでしょう。ただしタイミング勝負です。できるだけ速やかにクレジットカードの申し込みをしなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中作れたクレジットカード

ネットの口コミサイトなどで、延滞中にもかかわらずクレジットカードの審査を通ったという書き込みを見ることができます。

通常ではそういったことは無理なので、クレジットカード会社が、延滞していることを信用情報機関に連絡していない可能性もあります。内々で処理することもクレジットカード会社ではあるからです。

また、利用者も延滞してもいついつまでに支払うといった約束をしているのであれば、信用情報機関に連絡しない場合もあります。

いずれにしても、そういった面もクレジットカード会社の裁量によるところが多いので、延滞情報が信用情報機関に記録されるまでに、延滞をした場合はすぐにクレジットカードの申し込みをする
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
延滞中でも借りれる