他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

長期延滞中 融資可能

  1. 不注意から長期延滞をしてしまった方々が融資を受ける方法
  2. 信用情報機関の情報がブラックの可能性が高い人が新規申込する際の注意点
  3. 長期延滞中の債務者が新たなキャッシングを利用したい場合の申込先
  4. 2カ月や3カ月などの延滞がある場合にぶっちゃけ新規融資は受けられる?
  5. 延滞し続けている中で打開策を見出したい場合の行動とは?
 
延滞中でも借りれる
 

不注意から長期延滞をしてしまった方々が融資を受ける方法

消費者金融や銀行カードローンなどを利用してお金を借り受けたものの、返済が思うように進まず、ついには得延滞してしまい、さらには長期延滞と呼ばれるような状況に陥った場合、新規融資など夢のまた夢と考えるものです。

しかしながら、必ずしも不可能とは言い切れないのもまた事実です。もちろん、きちんと返済している人などと比較した場合には厳しい審査を強いられるのは言うまでもありません。ですが、絶対に無理なのかといえば、それはわからないものです。

そのため、現在自分自身が既存の業者からすでに借り入れがあり、尚且つ長期延滞中であった場合でも、新たな融資を受けたい場合には即座に諦めなくても良いので、融資可能という判断を下してくれる業者を探しましょう。

そして、お金を貸してくれる業者と言えば多くの人は銀行であったり、消費者金融を思い浮かべるものですが、お金を貸してくれる業者はそれ以外にも多数存在していますので、まずはあらゆる業者に目を向けて候補を多く持つことも大切です。

銀行や消費者金融以外には街金やサラ金と呼ばれる業者も存在しており、これらの中には長期延滞中であっても融資可能との判断をしてくれることもあります。そのため、メジャーな会社にばかり目を向けるのではなく、あらゆる業者を選択肢から排除しないようにしましょう。最初から自分で間口を狭めてしまうと貸してくれる可能性のある会社を自ら排除してしまうこととなりますので、それだけは避けましょう。

また、長期延滞中である事実は基本的に信用情報機関を通じて他の会社にも知られますが、この信用情報機関は複数存在しており、会社ごとに利用している信用情報機関も異なります。

そのため、今現在延滞している会社が情報を登録している信用情報機関とは別の信用情報機関を利用している会社を探してみましょう。その場合には、現在の長期延滞を知らずに審査を進めてくれる可能性もありますので期待してみましょう。シンプルな方法ではありますが、このような抜け穴を使う手もあるのです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

信用情報機関の情報がブラックの可能性が高い人が新規申込する際の注意点

個人が金融業者からお金を借りた場合、その情報は信用情報機関に登録されます。貸し出しを受けた金融機関名や融資残高、融資枠や返済情報などが登録されますので、遅延や延滞があればその事実も登録されることとなります。

そのため、新規の融資申込をおこなうにあたり、すでに他社で借入がある事実や長期延滞などがある事実に関しては、新規融資の申し込み後におこなわれる審査の段階で知られてしまうのです。本人が申し込み時にそのことを申告せずとも、お金を貸す側は返済可能かどうかを見極めるために詳細な部分まで審査しますので、おのずと知られてしまうのです。

このような状況の信用情報があると信用ブラックのような扱いとなってしまい、基本的に新規の借入に関しては断られてしまうのです。多少の延滞程度であれば、不注意という扱いで受け止めてもらえることもあるかもしれませんが、さすがに長期延滞となってしまうと借入ができないケースが圧倒的に多くなるのです。

ただし、世の中には多種多様な賃金業者が存在しているため、信用ブラックなどの状況であっても貸しだしてくれる会社も存在しています。それは闇金などの違法な業者ではなく合法的な賃金業者です。長期延滞で融資可能な会社を探そうとすると、安易に非合法な会社に手を出してしまう人もいますが、闇金に手を出しても後悔するばかりですから、これだけはやめておきましょう。

そして、合法的な賃金業者から融資可能との返事を受け取りたいのであれば、街金に目を向けることも考えておきましょう。地元に密着して地元の方々にお金を貸す小規模な事業者であることが多い街金ですが、このタイプの賃金業者ならば貸してくれる可能性も高いため、相談してみるのもひとつの手であると言えます。

大手消費者金融会社や大手都市銀行の銀行カードローンなどのほうがメジャーな存在であるため、即座に手を出してしまうかもしれませんが、地元で長年にわたって営業をおこなっている街金が最後の最後にサポートしてくれる可能性が高いため、こちらにも目を向けておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

長期延滞中の債務者が新たなキャッシングを利用したい場合の申込先

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどを利用中には、返済が終わるまで毎月1度の返済があります。この返済日は決まっており、その日に最低返済額を返すのがルールです。

しかし、この基本的なルールを守れないとなれば延滞となってしまいますし、その期間が長くなれば長期延滞者として認知されることとなります。さらに長期延滞となると、その事実は確実に信用情報機関にも登録されますので、他社への新規の申し込みをおこなった際にその事実が知られてしまうことも多いのです。

キャッシング業者や銀行カードローンでは、新規の融資の申し込みがあった際には必ず審査をおこないますが、この際に参考にする情報が信用情報機関に登録されている情報です。つまり、そこに延滞情報があるということはほぼ信用ブラックの状態であり、新規の申し込みがあっても否決されることが多いのです。

すでに延滞しているということは、新たに貸し付けをしてもそれをきちんと返済してくれる可能性は低いと判断されてしまうのです。本人がいくら今後はきちんと返済していくつもりであってもそれを信じてもらえないケースが多いのです。ただし、これは申し込み先を絞り込み、長期延滞者であっても融資可能と考えてくれる業者への申し込みをおこなうことで答えが変わる可能性がありますので、その点は忘れないようにしましょう。

国内で営業をおこなう賃金業者の多くは他社での借り入れ情報を審査に生かすために、相互に情報提供をしあうような形で信用情報機関に情報を登録し合っていますが、このような信用情報機関を利用していなかったり、利用していても特定の1つの信用情報機関のみを利用しているケースもあります。そうなると、たとえ他社で長期延滞中であっても貸してもらえる可能性も出てきます。

さらに街金やサラ金の中には、独自の審査基準を設けており、たとえ延滞があっても事情をきちんと聴いて親身になって相談に乗ってくれることもあります。そのため、このような会社を利用して新規に申し込みをしてお金を借りるという方法も考えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

2カ月や3カ月などの延滞がある場合にぶっちゃけ新規融資は受けられる?

お金を業者から借りたときには真面目に毎月返済していくつもりであっても、何かしらの事情があって返済が遅れてしまうことはあります。本人に悪気がなくても返済するためのお金がなければ延滞になってしまうのが仕方のない状況の人もいます。

それこそ会社に事情があって給料が今までのように入ってこなくなったり、自分で商売をされている方がケガや病気などで入院や休養を余儀なくされて収入が途絶えてしまう方、家族の事情で仕事ができなくなり収入がなくなってしまう方などもたくさんいますので、本人の意思とは裏腹に延滞になってしまうケースは多々あります。

そのような中でも、2カ月や3カ月などの延滞となるとそれは長期延滞者となってしまい、いわゆるブラックリスト入りしてしまうこともあります。ブラックリストと呼ばれるものがあるわけではないのですが、信用情報機関に登録される内容に、延滞や長期延滞がわかる事実が記載されてしまい、他の会社もそれらの情報を見れば即座にわかるような状況になってしまうのです。

キャッシング業者やカードローン会社は、審査にあたってこれらの情報を見るために信用ブラックの状態になってしまうと、それ以外の借入ができなくなることも多いのです。しかし、いくら長期延滞中であったとしてもどうしてもお金が必要で新たな借入をしないといけない場合も多いです。

このような場合に、すでに長期の延滞が他の会社においてあるとなれば絶望的に悲観してしまう方も多いものです。ただし、数多くの賃金会社が各地にありますので、たとえ長期の延滞があっても融資可能と判断してくれる会社はどこかにありますので、諦めないようにしましょう。

しかし、ここで闇雲に申し込みをおこなうと申込ブラックと呼ばれる状態に陥ってしまい、本来ならば融資をしてくれるような会社からも融資を断られることがありますので、それだけは気を付けておきましょう。ネットにはそれぞれの業者の口コミ情報なども存在していますので、これらの口コミを調べた上で確率が高そうな会社に絞って申し込んでみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞し続けている中で打開策を見出したい場合の行動とは?

すでに利用中のキャッシングやカードローンサービスの返済が滞っており、いわゆる延滞に陥っている場合、とにかくその状況を打破することを誰もが考えるものです。

人によっては、自己破産や任意整理などの債務整理をおこなうことで打破しようとする人もいますが、たしかにこのような方法の場合にはキャッシング業者やカードローン会社から借りているお金がチャラになったり、元金のみを返済すればいいようになるため、当事者の負担は軽減されます。

しかし、これは金融事故のようなものであり、当事者の信用を失わせる行為でもあるため、このような手法をとるかどうかは慎重に検討したいものです。永遠ではありませんが、債務整理をおこなった事実は信用情報機関にも登録され、それによってその後しばらくは新たな借入がまったくできなくなりますし、新たにクレジットカードを作ることもできなくなります。

また、住宅ローンなどのサービスを受けたいと思ったときにデメリットが生じる可能性もありますし、今は賃貸であっても保証会社の利用が義務付けられることが多いのですが、この際にクレジットカードの加入によって本人の審査をおこなうような会社もありますので、債務整理をおこなうことによって場合によっては家にも困ることがあるのです。

だからこそ慎重に検討したいものですし、そもそも延滞したからといって新たな借入ができないわけではないので、何も自ら借りられない状況に向かう必要はないのです。今現在長期延滞中であり、その返済をどうにかしたいということであれば、債務を整理するにしてもおまとめローンなどを有効活用して整理していくことを考えてみましょう。

おまとめローンであれば、延滞中であってもあくまでも借り換えを目的としたローンであるために審査も通り、融資可能との判断をしてくれる可能性があるのです。安易に債務整理をしてしまえば、それ以後の7年や10年という期間にわたって不都合が生じるため、おまとめローンや借り換えローンを使って今の状況を脱することを考えてみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
延滞中でも借りれる