他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中でも融資

  1. なんとかしてお金を借りたい
  2. 延滞中でも融資受けれる?
  3. 延滞中でも融資を受ける
  4. 延滞を防ぐために
  5. 延滞が続くと
 
延滞中でも借りれる
 

なんとかしてお金を借りたい

なんとかしてお金を借りたいというときがあります。それが無職の人だった場合はどうでしょうか。一口に無職といっても状況は様々でしょう。ニートもいれば、フリーターを無職という人もいます。求職中の人も無職です。

求職して仕事は見つかったのですが、勤務はまだこれからという人も無職扱いになるでしょう。また、専業主婦も無職です。このような無職の人でもお金が必要になることがあります。しかし、無職でしたらお金を借りるのも難しそうです。果たして無職の人でもお金を借りることができるのでしょうか。

お金を借りるとしたら、銀行あるいは消費者金融会社ということになるでしょう。これらのローンの貸付け条件というのは「安定した収入のある人」ということになります。銀行や消費者金融会社によって、多少の解釈の違いはあるのですが、銀行の場合はこれが正規雇用されている人が対象となることが多いです。ですからパートアルバイトの人は、銀行カードローンなどの審査に通る可能性が低いのです。

それでは、消費者金融会社のカードローンの場合はどうでしょうか。審査は一般的に銀行カードローンよりも甘めとなっているので、パートアルバイトの人でも審査に通ることはできるでしょう。また、年収が50万円以上が最低限の条件となるようですが、その場合何百万円も融資することはありません。総量規制の問題もあるので、年収の3分の1の借入れとなるのが普通です。そうなると年収が50万円でしたら、17万円弱程度の借入れということになるでしょう。

そして、勤務先できちんと働いているのかどうかといった、確認が行われることが多いです。これが電話での在籍確認となるのですが、多くの場合、ローンの申込みで審査の際には、勤務先に電話での在籍確認が行われるのです。このことから、まったく収入のない人、さらには在籍確認の取れない人はお金を借りることができないと考えていいでしょう。言い換えれば、ニートの人、貯金を切り崩して生活をしている人、さらには求職中の人でしたら、借入れをするのは難しいといえます。

無職でもお金を借りることができるのは、専業主婦でしょう。専業主婦ということですから配偶者がいることが前提となります。この場合は配偶者の年収や属性などによって、審査が行われるので専業主婦の場合は、世帯収入で融資を受けることができるのです。ですので、無職の人がお金を借りたいとなると、公的資金の貸付け制度を受けるか、生命保険の積立型に入っているのでしたら、契約者貸付制度などを利用するしかないでしょう。

また、無職でも借りる方法がないことはありません。しかし、無職で生活に困っている、お金が必要だということでしたら、手持ち資金もないことでしょう。そのような状態でお金を借りても返済できなければ意味がありません。いずれにしても無職の人がお金を借りることができたとしても、返済に窮してしまうことは間違いないのです。

お金を借りずに資金調達する方法では、中古買取業者に手持ちの不要なものを買取ってもらう方法があります。高価なものを持っているのでしたら、質屋でお金を借りる方法もあります。今では質屋は減少傾向にあるようですが、昔ながらの質屋というのもあります。リサイクルショップのような買取業者よりも高価買取をしてくれるところもあるので、質屋があれば質屋でお金を借りるのも1つの方法でしょう。

質屋と買取業者の違いというと、買取業者は文字通り買取ってくれるところです。質屋の場合は質に入れたものを借りたお金を期日までに返済することで、取り戻すことができます。取り戻せなかったものが質流れ品となるということですね。質屋の場合はお金を借りるということになるので、ローンと同等に考える人も多いのですが、手持ちの品を担保という形で預けてお金を借りるので、質屋としてはリスクはありません。質流れにあえば品物を売ればいいだけのことですから、実害はないのです。借りる側も審査無しでお金を借りることができるので、ブランド品など金目のものがあれば、質屋を利用するのはかなり有効です。

但し、質屋の場合は通常の貸金業法とは別の質屋営業法で運営されています。通常の貸金業者のローンの場合は上限が20%と決まっているのですが、質屋営業法の場合は年利が109.5%となっているのです。ここまでの高金利にしていないところが多いのですが、それでも通常ローンの上限の20%よりも高金利設定されているので、質屋を利用する際には注意が必要です。

しかも、質屋の金利は月利で表示されていることが多いです。月利で3%から6%と書いてあれば、それを年利だと思って利用する人もいるかもしれません。月利や年利、さらには週利といった概念もあるので、そういった点も注意しなければいけません。

大手消費者金融会社のカードローンの場合は、30日間無利息といったサービスを行っています。審査に通る必要がありますが、初回に限りという条件がついても30日間無利息で借りることができるのは大きなメリットと言えます。利用するならこういったところで借りたほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中でも融資受けれる?

銀行でも消費者金融会社でも、借りたお金は返済していかなくてはいけません。たまに、クレジットカードなどで銀行の残高不足で、返済ができなかったというケースもあるでしょう。うっかりミスということですが、クレジットカード会社はうっかりミスと見てもらえないことがあります。

心情的にはちょっとしたミスなのですが、システム的にはこれも延滞ということになるのです。契約不履行ともとられるのでしょうがない面もあります。それでも延滞してしまったら、延滞したと言う情報が信用情報機関に記録されます。遅れても延滞損害金を添えて支払えば問題はないということでもないのです。延滞下時点で契約に沿ってないのですから、延滞損害金を払っても延滞が免責になることはないのです。

また、延滞してもすぐに返済すれば記録される延滞履歴も、期間が過ぎれば消えていきます。しかし、延滞が頻繁に行われ最初のうちは遅れても返済をしていればいいのですが、そのうち返済不能となってしまうと金融事故ということになります。そうなると債務整理が行われ、金融ブラックということになってしまうのです。

そうなると新しくお金を借りることはできません。融資の申込みをしても、信用情報機関に金融事故として登録されている以上、その情報は銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者で共有されることになるので、どこからでも照会できるということは、照会してその情報を得た金融機関や消費者金融会社からは、新たに融資を受けることはできません。

借金癖のある人は、どうしても借金を重ねてしまいます。そうなると他社借入れが多くなり、いずれは返済に窮してくるでしょう。返済のために借金をするようになっては、いつかは破綻してしまって資金繰りができず、返済不能となってしまうのです。

延滞中でもお金を借りることができれば、返済不能ということにはならないのですが、そういったことが可能なのでしょうか。これは、可能なケースもあります。というのも口コミサイトなどを参照してみると、ブラックでもお金を借りることができたという、投稿を散見することができます。ブラックでも借りることができるのは、銀行では当然ありえないので、消費者金融会社などの貸金業者ということになりますが、貸金業者の中でもアコムやプロミスといった大手消費者金融会社でも借りることはできないでしょう。

そうなると、中小消費者金融会社か小規模な消費者金融会社である街金ということになるのですが、こういった小規模な消費者金融会社の中には、独自審査をおこなっているところがあります。こういったところは、信用情報機関に照会することなく現在の属性のみで審査を行うので、具体的には電話による在籍確認が取れること、これは働いているかどうかの確認ですから、在籍確認が取れることが融資の最低条件と考えていいでしょう。

他には、収入証明書などの提出ができればOKです。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞中でも融資を受ける

延滞中のときこそお金が必要です。あと少しのお金があれば返済できるのにというときは、クレジットカードのキャッシングを利用しましょう。というよりも、率先してクレジットカードを利用するようにするのです。

というのも、消費者金融業者のカードローンなどの返済が滞ってしまうと、すぐに延滞履歴として登録されてしまいます。また、延滞中で返済できないとなると、クレジットカードの利用も停止されてしまうのです。

これは、クレジットカードの支払いの延滞というわけではなく、まったく関係のない他の消費者金融会社のカードローンの延滞でも起こりえます。何かの折に信用情報の照会を行っているので、そのときに延滞していることがわかれば、クレジットカードの利用停止も行われるのです。

ですから、クレジットカードが利用できるうちに、そのキャッシング枠を利用して、延滞中の返済に充てるようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞を防ぐために

支払いを延滞してしまうのは、他社借入れが多くなって返済に窮してしまうからです。その解消のためには、複数の債務を一本化するおまとめローンを利用しましょう。

気をつけたいのは延滞してしまうと、延滞履歴が登録されるのでおまとめローンの融資の申込みをしても、審査に通らない可能性が高くなることです。ですから、延滞をする前にできるだけ早い段階でおまとめローンの申込みを行いましょう。

おまとめローンの審査は、全債務を借りるだけの属性が必要になるので、延滞があれば審査に通ることはできません。事態が大きくなる前におまとめローンを利用するようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
 

延滞が続くと

延滞が続くと、どうしても翌月には2ヵ月分あるいは3ヵ月分というように、延滞して月の分も併せて翌月に支払いをしなくてはいけません。ですから、延滞をしてしまうとさらに返済が苦しくなってしまうのです。

その月の返済ができなくて延滞したのですから、翌月に2倍の返済ができることはないでしょう。したがって、苦しくてもその月の返済はその月に返済しなくてはいけません。それができなければ債務整理もやむなしということになるかもしれません。

任意整理でしたら、なんとか交渉で丸く収めることもできるのですが、自己破産者となると、裁判所の判断も必要になりますし、財産があれば没収、差し押さえとなってしまいます。返済が免れるメリットもあるのですが、財産のある人はデメリットのほうが大きいです。

債務整理に陥った場合は、任意整理をするほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
延滞中でも借りれる
延滞中でも借りれる