他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

他社から延滞 キャッシング

  1. お金の借りすぎで返済できない
  2. 他社債務を延滞していると
  3. 他社延滞からのキャッシング
  4. 何とかしてキャッシングをしたい
  5. 他社から延滞している場合のキャッシング
 
延滞中でも借りれる
 

お金の借りすぎで返済できない

お金が必要で手持ち資金もないとなると、あとは銀行や、
消費者金融会社のカードローンなどから、
借りるしかないでしょう。

お金に切迫しているから、お金を借りるという状況は、
これからそういった逼迫状況が、
改善すればいいのですが、
恒常的に、手持ち資金が潤沢にならなければ、
常に借りては、返済というようになってきます。

借りるということは、それに利息をつけて、
返済しなくてはいけないということです。

資金繰りが好転しないのであれば、いずれは、
手持ち資金がショートして、返済にも、窮するようになるでしょう。

返済を延滞や滞納したとなると、
引き落とし口座にお金を入れ忘れたという、うっかりミスであっても、
返済するお金がなくて、確信犯的に滞納した場合でも、
延滞は、延滞として処理されます。

2,3日程度ですぐに返済したということでしたら、
銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者で、
内々に処理をして、外部の信用情報機関に延滞したという情報が、
記録されない場合があります。

それは幸運な例ですが、こういった数日でも延滞したというのは、
明らかに、お金の融資を受ける時に、
取り交わした、契約書の契約不履行となります。

うっかりでもなんでも、機械的に処理をするので、
例え、うっかりミスであっても、確信犯的なものであっても、
延滞は、延滞となるのです。

延滞をしても、支払いをしなくてはいけないのですが、
支払いをせずに、そのまま数ヶ月が経ってしまうと、
消費者金融会社や銀行も、債権回収会社に依頼して、
そちらから連絡が来ることになります。

それは、家庭裁判所経由ということで、
信用情報機関で、金融事故として、取扱を受けることとなるのです。
これが、いわゆるブラックということですね。

延滞から返済ができないとなると、流れ的にはブラックとなって、
債務整理か、自己破産かの、選択を迫られることとなります。

自己破産の場合は、債務が全て帳消しになるので、
メリットが大きく感じますが、
手持ちの資産は、全て差し押さえとなります。

これはどのくらいのものかというと、家や車などは差し押さえとなり、
それで、債務の返済に充てることになります。

債務の返済がそれで済むようでしたら、
差額が、もどってくる場合もあります。

家は、当然競売にかけられているので、
手元にもどってくることは、ありません。

自己破産になれば、
手持ちの資産の、大部分を失うことになるのです。

いっぽうの債務整理は、債務を帳消しにするのではなく、
多重債務などを、一本化して債権回収団体に支払うものです。

返済もこれまでの複数返済から、
窓口が一本化されることになるので、返済はしやすくなるでしょう。
しかし、新たな借入れはできないので、ひたすら返済していくことになります。

また、返済はしなくてはいけませんが、資産のほぼ全ては手元に残るので、
これまでとまったく変わらない生活を、送ることができるのです。

もっともブラックということには変わらないので、
ある一定期間クレジットカードが作れない、
新たな借入れができないといった、
社会的制裁を、受けることになります。

一般的に、ブラックになるという人の多くは、
多重債務者となっていることが多いです。

これは、複数の債務を抱えているということで、
他社借入れが、多いということです。

一般的に3社以上の借入れがあると、多重債務となるようですが、
そうなるまえに、おまとめローンなどを利用してできるだけ、
債務の一本化をしたほうがいいでしょう。

おまとめローンというのは、
現在の、債務金額に相当するお金を借りることで、
全ての債務の返済を行って、新しく借りた、
おまとめローンを返済していく方式です。

毎月、複数の返済をしなくてはいけないのが一本化しますし、
返済日もまちまちでしたら、
おまとめローンにする価値は十分にあるでしょう。

というよりも、多重債務になる前に、
おまとめローンに舵を取るべきといえます。
実際にそれをしないと、
その先に待っているのは、返済不能という状況でしょう。

多重債務には、おまとめローンというパターンなのですが、
誰もが、おまとめローンを借りることができるとは限りません。

延滞をしているなど、属性が著しく低くなっていたら、
おまとめローンの審査には、通らない可能性が高いのです。

複数の他社借入れ状態を救済するのが、
おまとめローンと思っている人が多いのですが、
他社借入れが多くなっている、多重債務の一歩手前という人は、
属性も低くなっているので、おまとめローンの審査に通るのは、
難しいと、理解しておかなくてはいけません。

また、おまとめローンといった金融商品を用意しているのは、
銀行や大手消費者金融会社と、中小消費者金融会社の一部です。

おまとめローンという性質上、
何百万円もの融資を、お願いするケースが多いので、
それを、全て借り切るくらいの属性がないと、
審査に通ることは難しいでしょう。

特に銀行の審査は厳しく、他社借入れが3社で、
多重債務者として、認定されてしまうケースが多いです。

消費者金融会社でも、
4社以上からの借入れがあると、多重債務者認定となるでしょう。

おまとめローンは多重債務者を救済するものではなく、
複数の他社借入れの債務を、
一本化することと、覚えておいたほうがいいです。

ですから、他社借入れも、
3社程度が、ボーダーラインとなるでしょう。
 
▲メニューに戻る

延滞中でも借りれる
 

他社債務を延滞していると

他社債務を延滞しているということは、
その人の事情を、推し量るしかありません。
一番考えられることは、
返済不能に陥っているということでしょう。

うっかりミスであるのでしたら、すぐに返済したらいいのですが、その場合は、信用情報機関に、
延滞情報が記録されないケースもあります。

ここはタイミングであったり、金融機関や貸金業者の、
内部事情によるところがあるでしょう。

つきあいの長い貸金業者でしたら、
情状が、認められる場合もあるかもしれません。
一般的には時間の経過などで、事務的に処理される場合が多いので、
うっかりミスであるなら、一刻も早く返済しなくてはいけません。

一方で確信犯的に返済しない場合、いうなれば返済不能に陥った、
返済する気がないということでしたら、1,2週間程度で督促の通知が届くでしょう。
電話もかかってくると思います。

この状態のときは、信用情報機関にも、
延滞した(している)ということが、しっかりと記録されているはずです。

この状況は、どういったことかというと、
返済不能で新たに金策に走ろうと思って、他の銀行などの金融機関や、
消費者金融会社などの、貸金業者に、新たな借入れの申込みをしても、
恐らく審査に通ることはないでしょう。

延滞しているという情報は、信用情報機関で共有されているのです。
銀行はもちろんですが、大手消費者金融会社と、
中小消費者金融会社の一部は、信用情報機関に加盟しているので、
そういった情報を、信用情報機関に照会することができるのです。

照会情報で延滞しているということがわかると、
それだけで、審査に通ることはできないと思います。

債務者のほうで、返済を始めたとしても、
遅延損害金としての返済と、さらに月々の返済も加わるので、
一度延滞してしまうと、そこからの返済がとても苦しくなるのです。

月々4万円の返済をしていて、それを延滞しているのですから、
その延滞金を、遅延損害金と含めて支払いをしなくてはいけません。

さらに翌月の支払いも、4万円だとしたら、
計8万円以上の返済をしなくてはいけないのです。

4万円の返済が苦しいのに、さらに、
その倍の返済をしなくてはならないのですから、
返済は無理でしょう。

完全な返済不能となって、
債務整理あるいは、自己破産ということになるでしょう。

債務整理の場合は、返済しやすいように、
返済計画を、債権回収業者と、一緒に話し合うことになるのです。
 
▲メニューに戻る

延滞中でも借りれる
 

他社延滞からのキャッシング

他社債務の延滞をしていると、銀行や大手消費者金融業者に、新たなキャッシングの申し込みをしても、
審査に通ることはないでしょう。

その場合はどうしたらいいのかというと、
既存のカードローンなどの、
利用可能限度額の、増枠申請の申込みをするのです。

新たな融資の申込みをするよりも、
これまでの実績があるので、
審査に通る可能性もあります。

もちろん、現在滞納しているカードローン会社に増枠申請をしても、
審査に通ることはないので、他の借入れ先に増枠申請をします。
可能性は低いですが、多少の増枠を受けることができるかもしれません。

仮に10万円の増枠だとしても、
一月分の返済を、賄うことができるのではないでしょうか。

利用限度額の増枠申請は、延滞をする前に、
一つの手段として、講じなければいけない手法ですから、
延滞しているときに、行うのは遅きに失していると言わざるをえません。

それでも、気がついたときにしておくのは、間違った方法でもないのです。
とりあえずは、考えられる方法を、一つずつ行っていかなくてはいけません。

そういった意味では、窮状ですが、効果的な方法と言えるでしょう。
 
▲メニューに戻る

延滞中でも借りれる

 

何とかしてキャッシングをしたい

延滞で、返済遅延をしているということは、
債務不履行をしているということですから、
普通に考えて、どこもお金を貸してくれないでしょう。

それでも貸してくれるところがあるとすれば、
信用情報機関に加盟していない、
中小消費者金融会社の一部と、街金。
この2つということになります。

信用情報機関に加盟していないのですから、
他社から延滞しているという情報が、
信用情報機関に、加盟していないので、
照会情報として、獲得することができません。

これを利用して、信用情報機関に加盟していない、
消費者金融会社に、ローンの申込みをするのです。

もちろん、そういった消費者金融会社でも、審査はあります。
それでも過去は不問で、現在の属性で審査をするので、
在籍確認が取れて、収入証明書が用意できるのでしたら、
キャッシング審査に、通る可能性があります。

ただし、多くの人は、どこから借りていいのかわからないと思います。
そういったときは、ネットの口コミ情報をチェックしましょう。
「他社から延滞 キャッシング」といったワードで、検索してみるといいでしょう。

口コミサイトで、他社延滞をしていても、
キャッシングできたという情報を探してみましょう。

そういった属性でも、貸してくれるところがあれば、
同じように、融資を受けることができるかもしれません。
 
▲メニューに戻る

延滞中でも借りれる
 

他社から延滞している場合のキャッシング

急いでいる場合は、どこでもいいから、
キャッシングのお願いをして、
急場を、しのぐ必要があります。

そのためには、
個人間融資掲示板を利用するという方法もあります。

文字通り、個人間でお金の貸し借りをするのですから、
多くのリスクがあります。

しかし、個人間融資の場合は、
貸す側のほうが、多大なリスクを背負うことになります。

どちらかというと、借りる側のほうがリスクは小さいです。
かといって貸してもらう側ですから、
きちんとした返済が、義務づけられることでしょう。

昨今の個人間融資掲示板には、業者も介在しているようです。
借りる側としては、なんでもいいので借りたいという意識が強いでしょう。

一つだけ注意点があるとしたら、
闇金などの、非合法の貸金業者から、
お金を借りることがないようにしましょう。
 
▲メニューに戻る

延滞中でも借りれる
 
延滞中でも借りれる