他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中でも作れるクレジットカード

延滞中でも作れるクレジットカード 関連記事

 
延滞中でも借りれる

延滞中でも作れるクレジットカード

延滞中なのにクレジットカードが作れるのはこの2つ?

消費者金融のキャッシングでブラックでも、クレジットカードを作る事ができるのは、マスターカードとアメリカン・エキスプレス・カードだと言います。
果たして、延滞中のブラックでも、この2つのクレジットカードは審査に通るのでしょうか?
 

アコムマスターカード

大手消費者金融のアコムが発行しているアコムマスターカードの審査基準は、他のクレジットカードにはない甘い審査が評判です。
完済記録があって、例え債務整理経験者であっても、収入があれば、個人信用情報機関に金融事故情報があったとしても申し込みができたとの口コミが多いです。
ただ審査内容では、クレジットカードなのに消費者金融同様になるので、質問などが多いといいます。
そして、金融事故の中でも、延滞中はなかなか審査も通らないことがあるとの口コミもあります。
金融会社が発行の点で、信販会社ではない審査の甘さはありますが、多重債務や債務整理経験者なら良いけれど、果たして延滞中の場合は、その時によるようです。
 

アメリカン・エキスプレス・カード

有名なカードであり、延滞中のブラックでも作れたとの話があるのですが、属性が高い方向けのようです。
属性とは、ずばり年収が高い、正社員で一定の収入がある方を指します。
金融業者としては、完済見込みがある方を属性別に分けます。
上場企業、公務員などで、勤続年数が高い、収入も高い方が高い属性の部類に入ります。
クレジットカードの審査も債務整理経験者などは敬遠しますが、アメリカン・エキスプレス・カードの場合、債務整理も完済見込みがあれば、そんなに長いブランクでなくとも、クレジットカード発行に至ることが多い、審査の甘いクレジットカードとして知られています。
ただし、パートやアルバイト、個人事業主などは低い属性になるため、簡単には作れないことになります。
 

延滞中と言っても

延滞は、個人信用情報機関の金融事故では最悪のものです。
自己破産や任意整理と言った債務整理などでは、ローン会社ではある程度の年数が経てばよいのですが、現時点で返済ができていないのに、新たな借金は認めないのです。
ですが、アコムマスターカードにしてもアメリカン・エキスプレス・カードにしても実際に作れたという口コミを見ると、指定された日までに返済したり、元々高い属性であることが条件となるようです。
また、1回だけの延滞で、返済の見通しがつくと言った特別な条件が必要なようです。
結局延滞中の申込みで、その返済をした上での契約になることが多いらしいのです。

アメリカン・エキスプレス・カードについては、属性の問題がありますから、一部の方限定と言うことになります。
 
延滞中でも借りれる
 

▲TOPにもどる

 

延滞中でも作れるクレジットカード 消費者金融

アコムマスターカードの審査に通る裏ワザ

最初に延滞中のキャッシングは原則的にできないです。
ここで紹介するアコムマスターカードもそれは同じです。
ただ、他のクレジットカードより作りやすい点では、審査の甘いクレジットカードとして紹介されることが多いです。
 

アコムマスターカードとは?

消費者金融大手のアコムが発行しているクレジットカードです。
信用情報で金融事故がある方も作れるクレジットカードとして話題になっています。
学生、パートやアルバイトの方、主婦も作れますし、専業主婦は配偶者の安定した収入の証明ができれば、本人名義のクレジットカードとして発行されます。
審査基準の中で、任意整理・自己破産など債務整理の信用情報があった方も作れたと言うのは、審査の甘さが光ります。
 

収入が大切

延滞しているときの申込みは少しきついですが、パートやアルバイトの収入でももう込みができます。
在籍確認の電話はもちろんありますが、安定した収入があれば問題はないようです。
決め手はキャッシング同様の収入の有無です。
返済ができると確認されることで、キャッシングとは違うクレジットカードですから、信用度は少し下がります。
消費者金融のキャッシングのノウハウで審査を進める事になりますが、ブラックじゃないかな?と思われる方も是非申込みをしてみて下さい。
 

アコムマスターカード取得が無理だった意外な理由

スピード審査ですぐに回答が出ます。
審査は信用情報の確認ですが、申込情報で収入があると、返済能力は一応認められます。
そして信用情報ですが、審査基準は甘めですが、申し込みブラックと携帯電話ブラックは審査落ちの原因です。
申し込みブラックは、短期間にあちこちの金融業者に申し込みをしてしまうことです。
これは、一括申し込みだけではなく、一社で審査落ちなら、また次と申し込みをしてしまう行為です。
大手消費者金融では審査落ちになり、その期間も半年間と長いです。

携帯電話ブラックとは、携帯電話料金で新機種などに変更した時に、クレジット支払いにした場合です。
毎月払わなければならないのは当然ですが、料金を1ヶ月延滞しても、通話はできますから、それを良いことに1ヶ月遅れでの支払いを続けている方がいます。
すなわち毎月延滞、長く続けば長期延滞者です。
実は、消費者金融や銀行カードローンの延滞同様に、この延滞記録がクレジットカードには致命的です。
クレジットヒストリー、クレヒスには最悪の金融事故として信用情報に記録されます。
審査対象として、このクレヒスがあればアコムマスターカードは作れないということになります。
携帯電話料金、つい遅れてしまっているという方は、個人信用情報機関では大変なことになっていることがあります。
キャッシングで延滞よりも、こちらの改善が先かもしれません。
アコムマスターカードは、クレジットカードですから、クレヒスには神経質になっています。
 
延滞中でも借りれる
 

▲TOPにもどる

 

延滞中でも作れるクレジットカード 審査

延滞中の審査はとても厳しい

消費者金融やカードローンの延滞をしてしまったら、作れるカードローンもクレジットカードもないと言われています。
個人信用情報機関の審査で、延滞は審査の甘い中小消費者金融でも審査落ちになると言います。
カード会社では、延滞者に対しては厳しいようです。
 

いわゆる金融ブラックは金融事故情報保持者

ブラックリストとは、金融事故がある方を指します。
債務整理、多重債務者などで大手消費者金融や銀行カードローン審査の通過ができないのですが、このようなことがない方でも、延滞してしまったら、最悪の金融事故です。
債務整理よりも悪いとも言われています。
延滞中でも作れるクレジットカードがあるとの口コミもありますが、実はそれはとてもむずかしいことです。
審査の甘い消費者金融紹介サイトでも、いろいろ柔軟審査の内容が書いてありますが、最後に延滞していたらNGとあります。
 

まれに審査通過もあるとかないとか

とてもあやふやな口コミですが、金貸し屋の中には、高い収入があり、延滞中でも返済能力があるとされる場合、審査通過があるとの情報もあります。
定かではないことですが、担当者との審査の中で、◯◯までの返済をして、また申し込みをし直すことで、審査をしてみますということのようです。
結局、支払いをしなければならないことのようですが、延滞中、絶対ダメではなく、ワンクッション置くことができるクレジットカードもあるということです。

しかし、このカード発行には、条件があります。
返済能力が高いことを信用してもらうため、収入証明書の金額が高い、収入が安定していて、なおかつ高給取りである場合です。
勤続年数の長い正社員、それも収入がそれなりにある方のようです。
このような金融ブラックに関しては、金融業者でも返済能力が高いと判断される場合があります。
 

審査も担当者次第

元々甘い審査のクレジットカードですが、担当者に話をした時に、信用情報の金融事故の内容にある程度納得できる説明を電話でできれば可能性もあります。
金融事故者の収入が高い、この裏付けが必要です。
ということで、一応は説得作戦成功者が、延滞の障害もはねのけるということですが、そのままでの契約ではなく、ブラック情報の延滞を解決しなければならないのは確かなようです。
ACマスターカードことアコムマスターカードなどは、審査の甘いクレジットカードの代表ですが、個人情報と信用情報の内容は良く確認されます。
延滞はなんとか返済しても、その他多重債務や携帯電話の料金が延滞していたり、大手消費者金融での債務整理直後などでは、担当者の説得もできないことが多いようです。
結局は、延滞の審査は、とても厳しいという結論で、ブラック情報での申し込みは大変なようです。
 
延滞中でも借りれる
 

▲TOPにもどる

 

延滞中でも作れるクレジットカード ブラック

審査がないデビットカードとETCパーソナルカードのススメ

ブラックでクレジットカードやカードローンを持ちたい方は、デビットカードを持つと良いと言われています。
デビットカードは、個人信用情報機関に金融事故があっても簡単に作ることができます。
 

ニセクレジットカード?

お支払はクレジットカードで、というときにデビットカードでの支払いができるか?というと、回答はYESです。
デビットカードの限度額は、銀行口座に入金されている自分の銀行残高です。
すなわちデビットカードで支払いをした時、そこから引き落としがされるだけです。
ですから、消費者金融業者でお金を借りて限度額が決められるのではなく、自分のお金をデビットカードで使うだけの話です。
信用情報も無関係、必要なことと言えば、銀行にお金をいれておくだけです。
 

審査がないデビットカード

申し込みをした時に、審査は一切ありません。
勤務先の記入、在籍確認も収入の有無も問われないのです。
キャッシングではないですから。
作り方も身分証明書などの提出だけです。
金融会社、各銀行で作ることができ、ポイントなどもたまります。
信用情報が無関係で審査もない、クレジットカードの形をしているだけのデビットカード。
借金をするわけではなく、事故情報があっても平気です。
 

カードと言ってもキャッシュカードのようなもの

銀行のキャッシュカードだと思えば良いでしょう。
しかし、手持ちのお金が増えるキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠ではないので、何の得もないことは確かです。
私は事故情報があるけれど、こうしてクレジットカードを持っています宣言ができるというだけの話です。
 

延滞中のクレジットカードは無理

延滞しているときのクレジットカードの申し込みはできないです。
クレジットカードの延滞だけではなく、大手消費者金融や銀行カードローンの延滞も個人信用情報機関では記録があり、クレジットカードの審査通過はできないです。
でも形だけもクレジットカードを持ちたい方にデビットカードはお勧めです。
 

似たようなカードで、ETCパーソナルカード

ETCを使いたい方へクレジット機能がないETCカードです。
保証金が高く、年会費もかかりますが、どうしてもETCカードが必要で、延滞中など金融事故がある方にお勧めです。
メリットと言えば、ETCマイレージサービスがあるくらいで、ポイントもないのですが、これもニセクレジットカードとして、カードを持っています宣言用としては便利なカードです。

中小の老舗消費者金融業者などは、債務整理経験者などのブラックでもキャッシングができると評判です。
実際に総量規制範囲内であれば、ブラックでも借りれるのですが、延滞中はどうしても審査落ちです。
しかし、どうしてもカードのある生活をしなくてはならない、という方にはデビットカードとETCパーソナルカードはおすすめです。
審査なしで、見た目もクレジットカードを釣っているように見えるのです。
そして、延滞中を回避したのなら、アコムマスターカードや中小消費者金融などに申し込みをしてみて下さい。
 
延滞中でも借りれる
 

▲TOPにもどる

 

延滞中でも作れるクレジットカード 信用情報

延滞中の信用情報ならデビットカードがお勧め

消費者金融で審査落ちをしてしまった方の中で、延滞中が原因の場合もあります。
個人信用情報機関では、延滞記録は金融事故として異動情報と記載されています。
 

消費者金融も銀行カードローン審査もNG

信用情報では、申込者の返済記録がすべて掲載されています。
その内容が審査されるのですが、延滞はすべての金融機関でのNG項目とされています。
多分延滞中で作れるクレジットカードもカードローンも皆無です。
まだ任意整理や自己破産の債務整理者、借入件数が多い多重債務者の金融事故情報の方が、金融事故の度合いとしては軽い方です。
中小の審査の甘い消費者金融会社でも審査落ちの可能性は大きいです。
ブラックリストとして、延滞を改善されなければ、永遠に借り入れができないでしょう。
 

クレヒスの内容

クレジットカードの信用情報は、クレジットヒストリー、クレヒスです。
キャッシングと同じですが、信販会社のクレジットカードの貸し借りがすべて記載されています。
そこで、気をつけたいのが携帯電話の情報、携帯ブラックです。
通話料金だけなら、延滞したのなら、電話ができないだけです。
ところが、そこに機種代金を分割して支払っている場合、料金の支払いが遅れることで、延滞記録が付きます。
それが、数回ならまだよいのですが、毎月遅れているようであれば延滞中になってしまいます。
普通のクレジットカードでは延滞をしていないのに審査落ちしてしまうという方の中には、携帯電話の支払いを滞納している方は案外と多いです。
キャッシングでも審査落ちですが、クレジットカードは絶対に審査落ちの事態になってしまうので、気をつけなくてはならないことです。
 

延滞中なら素直にVISAデビットカード

延滞中のクレジットカードの申し込みは諦めましょう。
スピード審査で審査落ちは決定的です。
そこでVISAデビットカードなら、審査無し、在籍確認無しで簡単に申し込むことができます。
個人再生や自己破産などの債務整理経験者も大手消費者金融でのブラックもデビットカードなら契約することができます。
何度もクレジットカードに申し込みをして申し込みブラックになっていたとしても、デビットカードは確実に持つことができます。

これはクレジットカードではないのですが、支払いのときにカードを出すことで、クレジットカード的な使い方ができます。
支払いはその場で引き落としになり、借金ではなく自動の銀行口座から引かれます。
ですからあとから請求書がくるものではなく、支払いに追われることがないのです。
 

▲TOPにもどる
 

延滞中でも借りれる

延滞中でも借りれる