他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞融資

延滞融資の関連記事

  1. 延滞融資 ブラック
  2. 延滞融資 審査
  3. 延滞融資 中小消費者金融
  4. 延滞融資 キャッシング
  5. 延滞融資 街金
延滞中でも借りれる

延滞融資 ブラック


借金返済の延滞をしてしまうとブラックになるというのはご存知だと思いますが、ブラックは審査にどの程度影響するかご存知でしょうか?
ブラックは返済の延滞はもちろんのこと、自己破産などの債務整理もブラックです。
上記のような事があると、信用情報機関というところに金融事故を起こしましたと記録されてしまいます。
この記録が消えない限りブラックという扱いになります。

まず銀行や信用金庫、労金などの金融機関では、ブラックという時点でNGです。
金融機関はお金を貸してくれるところの中では一番審査が厳しいのでブラックで審査通過はできません。
次にクレジットカード会社や消費者金融などの金融会社ですが、これは会社によるといったところです。
クレジットカード会社はほぼNGです。消費者金融は有名な大手は銀行系列になっていますので、まず無理といった感じです。

ただし街金などの中小消費者金融であれば可能性はあります。
中小金融業者というのは、大手におされて経営が厳しくなっている会社が多いので、申込者ブラックNGという贅沢は言っていられないというのが現状のようです。
なので、ブラックでも一旦その部分は保留として収入面や他社借入などの債務を確認したりして返済できる能力があるという風に判断されれば融資しますという風な独自審査で審査通過させてくれる会社もある程度あります。

ですので、お金を借りたいけど貸してくれるところがないと諦めているのであれば、一度街金などの中小金融に申し込んでみましょう。
間違っても血迷ってヤミ金に行ったりしないようにしましょう。
ヤミキンは気軽にお金を貸してくれますが、返済が非常に大変で生き地獄だという人もいます。
そんな思いをする位ならまずは街金で貸してくれるところを一生懸命探す方がいいです。
ブラック対応の街金を探すのであれば、消費者金融一覧や口コミサイトなどを参考に条件の良い業者を探すようにしてみてくださいね。
 
▲メニューに戻る
延滞中でも借りれる

延滞融資 審査


審査に通るかな…と心配しながらキャッシングの審査を待つ人は、多かれ少なかれ何か審査に引っ掛かるような気になる事がある人だと思いますが、実際の審査の時に大きくマイナスポイントになる項目をご存知でしょうか?
察しの良い方ならおわかりかもしれませんが、やはり延滞などは大きなマイナスポイントです。
延滞は、俗に言う「ブラックリスト入り」してしまう可能性が高く、2~3カ月延滞していたら確実にブラックリスト入りしていると思って良いでしょう。
ブラックリストは借金返済の延滞だけではなく、携帯電話料金の支払いの遅れなども対象になっていますので、最近では若い世代でカードローンなどをしたことがなくても携帯電話料金の方でブラックリストに入ってしまっているケースが非常に多くなっていますので注意したいところです。
また、自己破産などの債務整理をしてもブラックリストです。
通常延滞でのブラックであれば、完済から1年程度でブラック解消ですが、債務整理は手続き完了から5年程度は消えませんので、事の重大さが伺えます。

さてこのブラックについてですが、ブラック期間中は闇金くらいしかお金を貸してくれるところはないと諦めてしまっていませんか?
確かに銀行や大手消費者金融の審査基準では無理ですが、中小消費者金融であれば可能性があります。
というのも中小消費者金融、俗に言う街金は大手より審査を甘くしない限り顧客獲得はあまり望めませんので、大手より中小金融会社の方を選ぶ最大の理由としては審査の通りやすさという事になります。
ブラックでも審査に通る事はよくありますので、ブラックかもしれないと思う場合は迷わず街金で審査の申込をするようにしましょう。

そして街金でもし審査に落ちても落ち込む必要はありません。
一口に街金と言っても日本全国に数えきれないほどの業者があるのです。
落ち着いて一度街金のランキングサイトや口コミサイトを見てしっかり吟味し直してから再度申し込んでみるようにしてみてくださいね。
 
▲メニューに戻る
延滞中でも借りれる

延滞融資 中小消費者金融


消費者金融と聞くと、ほとんどの人はアコムやプロミス、レイクなどのテレビCMで見かける業者を思い出すと思います。
このような有名な消費者金融は大手ばかりですが、日本には大手以外にも中小消費者金融がたくさんあるのをご存知ですか?
もちろん大手消費者金融の方が便利なサービスを色々用意していますし、金利も平均的に中小業者よりも安いのでいい事づくしです。
しかし大手のデメリットとして、審査基準が高いので収入が不安定な人や借金が多い人、過去に延滞などをしてしまいブラックになってしまっている人などは審査に通りにくい事が挙げられます。

一方中小消費者金融は金利などが大手より高い反面、審査に通りやすいという大きなアドバンテージがあります。
また、老舗消費者金融会社の多くは中小企業で、街金として営業していたりします。
しかし先ほどもお伝えしたとおり、中小は審査の通りやすさで勝負している部分もありますので人気が高まっています。
各社独自審査なので通りやすい傾向などをお伝えするのは難しいのですが、例えばライフティやアローといった街金は人気が高く着実に顧客を増やしているようです。
ただし審査がいくら通りやすくても、借金の金額が大きいと総量規制という規制に引っ掛かって審査落ちとなってしまいます。

もし過去に延滞や債務整理などをした経験がないにも関わらず審査に落ちてしまっている場合は、この総量規制の可能性を疑ってみましょう。
もしそうならまとめローンという借金を一本化するローンの申請をしてみてください。
まとめローンは銀行か大手消費者金融で受け付けていますので好きな方で申し込んで大丈夫ですが、どちらかというと消費者金融の方が通りやすいという話ですので、金利に大きな差がなければ消費者金融で申し込んでみてください。
因みにまとめローンは消費者金融であっても総量規制対象外ですので気にせず申し込めます。
まとめますと、借金が多くて審査落ちする場合はまとめローン、それ以外なら街金での申込という事で覚えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
延滞中でも借りれる

延滞融資 キャッシング


一度借金の返済が遅れてしまって延滞となってしまうとブラックリスト入りしてしまいます。
どの程度遅れたかにもよりますが、概ね2カ月程度遅れてしまうとほぼブラックです。
延滞となった後にすぐに支払ったからと言ってもブラックリストからすぐに消えるわけではありません。

そもそも一般的にブラックリストと言われているのは信用情報機関の事で、ここに延滞や債務整理などの金融事故情報が記録される事をブラックというわけです。
金融機関や貸金業者、ローン会社は審査時にこの信用情報を閲覧して事故情報がないのかを確認します。
事故情報があればブラックという事でほぼほぼ審査落ちしてしまいます。
どのくらい残ってしまうのかというのは内容にもよりますが、最低でも1年はかかると言われていますので、それまではブラック扱いでお金を借りたりクレジットカードを作ったりが難しくなります。
これは例外はなく誰であろうと同じ事で、会社の経営者でも東大医学部卒などの高学歴の人でもやってしまうと残ります。

さらに、キャッシングやカードローンの申込時にブラック以外に多重債務者も嫌われてしまいます。
借入先が多いと言う事はそれだけ毎月の返済額も大きくなりますので、自社への返済も苦しくなるのではないかと考えるからです。
また、多重債務は延滞や自己破産などを招く種になってしまいますので、尚更不安要素でしかありません。
破産者などになってしまうと目も当てられませんので、そうなりそうであれば必ず事前に弁護士などに相談するようにしてください。
間違ってヤミ金などに手を出してしまうと、その時だけは危機を回避したような感覚になりますが、その後の生活は地獄のような取り立てや法外な利息返済に陥ってしまいます。
因みにそのような状況になる前にもし街金などに審査の申込をしたことがなければしてみましょう。
街金の多くはブラックでも貸してくれる可能性が非常にたかく、申し込む価値は十分あります!
 
▲メニューに戻る
延滞中でも借りれる

延滞融資 街金


ドラマなどを見ていると、しばしばガラの悪い街金業者が取り立てをしているようなシーンを見かけます。
その影響か、「街金」というとヤミ金のような非正規の悪徳業者を連想してしまいがちですが、実際に街金やサラ金というのは消費者金融会社の事で、ヤミ金とは別物です。
ただ、一般的に街金というとアコムやプロミスなどの大手消費者金融ではなく、規模の小さな中小金融業者を指す事が多く、その殆どが地方などで営業しているような業者です。

そもそも普通にお金に困らないような生活をしていると、街金にお世話になる事なんてなく、消費者金融なんて大手のCMをしているような会社しか知らない人がほとんどだとおもいます。
ですが、例えばお金が急きょ必要なのに延滞などでキャッシングの審査に通らなかったというような場合や、買い物をするのにクレジットカードの申込をしたけど落ちたというような場合、街金は強い味方になります。

街金は大手に比べると限度額も大して高くないし、金利もどっちかというと高く、融資も振込などで不便という業者も多いのでメリットが無さそうに感じます。
しかし街金の最大の魅力は「審査の甘さ」です。
大手や銀行などでは絶対に審査に通らないような人でも、街金なら審査に通る可能性が高いのです。
もちろんヤミ金みたいに無審査で無差別にお金を貸して無理な取り立てをするような業者ではありません。
審査は行いますが独自審査で有る程度ブラックでも柔軟に対応してくれる業者が多いのが特徴です。
なので、もし審査に通らなくて困っているのであれば、街金で審査の申込をしてみましょう。
ただ、延滞などが原因のブラックという理由だけで審査に通らないのであればいいのですが、多重債務などで他社借入額が多すぎて落ちているなら総量規制という規制にひっかかっている可能性もあります。
その場合は審査が甘い街金でもどうしようもありませんので、まとめローンを利用するか、弁護士への無料相談をお勧めします。
▲メニューに戻る
延滞中でも借りれる
延滞中でも借りれる