他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

長期延滞納借りれる

カードローンやキャッシングの返済を長期間延滞したままにしていると、1か月前後くらいから消費者金融の人が自宅に取り立てに来はじめます。
その前から電話や請求書が自宅や職場に届くので、家族や友達にも借金がばれることが多いです。

日を追うごとに段々と取り立てが厳しくなり、3か月過ぎると事故情報として個人信用情報機関に記載されてしまいます。
ちなみにクレジットカード会社の場合では返済期日を過ぎても督促状と電話だけのようです。
ただし、3か月過ぎると同じくブラック情報として載ってしまいます。

そうなってしまうと、これ以降何年もカードを作れなかったり、銀行で住宅ローンが組めなかったり、子供の奨学金が借りれなかったりと自分だけでなく家族にも迷惑が掛かってしまうのです。
これを思うと、どうしても長期延滞は避けたいところですが、もうすでにこの状態ならばここで食い止めたい、自己破産したくないと、せめて今の延滞分や遅延損害金の利息だけでも支払いたいと思うのもわかります。

まだ延滞の初期段階なら多重債務者にならないためにも早く延滞を解消したいと思うのではないでしょうか。
そのために延滞中でも借りれる金融会社を探している人は多いです。
しかしながら長期延滞者に融資する金融業者は非常に少なく中小消費者金融でも審査が激甘のところでしかも高い金利でなら貸してくれる所もあるようです。
もし借りれたとしても、これを繰り返すとすぐに多重債務者になって身動き取れなくなってしまうのではないですか?

このような状況なら一度、債務整理を考えてみてもいいのかもしれませんよ。
ネットでなら色々な借金問題についての弁護士回答が見れるサイトがありますし、各自治体でも無料相談があるのではないでしょうか。
任意整理ならば裁判所を通さず、債務者の負担を減らすために毎月なるべく最少返済額で済むよう弁護士さんが交渉してくれるので、返済自体が無くなる訳ではないですが、精神的にも金銭的にもずいぶん負担が軽くなるものです。

もちろん普通に返済期日に支払いしていけるのが一番なのですが、長期延滞してしまってそれでもまた新たな借入をしなければいけない程大変な状態ならば、
弁護士さんにどういった債務整理の方法があるのかを相談してみてもいいのではないでしょうか。
延滞中でも借りれる