他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中でも作れるクレジットカード

消費者金融などのカードローンを延滞している最中に新たにクレジットカードが作れるのか?
クレジットカードを持っていると、その時お金を持ち合わせていなくても買い物できるし、ネットでの支払いもわざわざ振り込みに行かなくても決済できるし、キャッシング枠で借入れもできるので一枚は持っておきたいというのはよくわかります。

今や学生ですら当たり前にクレジットカードで支払いますから、持っていないと逆におかしな人と思われそうです。
しかし、借金が延滞中となるとクレジットカード会社の審査に通らないのではないでしょうか。

例えば1~2週間程度の延滞ならば問題なく作れると思われます。
金融会社では61日の遅延から長期延滞とされ、3か月以上で個人信用情報機関に金融事故情報が記載され、ブラックとなります。
延滞を軽く見ている人は多いですが、早めに返済しなければ金融事故になってしまい、後々自分の首を絞めることになりかねません。

もし自分が延滞中でブラックになっているとすると、まずクレジットカードを持つのは無理だと思います。
信用情報の状況にもよるでしょうが、確実に審査がネックになるでしょう。カード会社の中でも消費者金融系のクレジットカード、例えばアコムマスターカードやプロミスJCBカードは審査が甘いと言われています。

あとは、楽天カードなどの流通系カードも審査が甘めです。
また申し込み時にキャッシング枠を0で申し込むと審査に通りやすくなるといわれています。
しかし、延滞中しかも長期となると通常は審査ではねられてしまうでしょう。

数うちゃ当たるとあちこちに申し込んでも、今度は申し込みブラックとして新たに信用情報に記載されかねません。
どうしてもカードを持ちたいとなると、デビットカードであれば審査が無いのでブラックの人でも持つことができます。

ただ、使い方がクレジッとかカードとは異なり、即時支払いになります。
つまり口座の残高分だけ買い物で使えるしくみです。
デビットカードは最近人気で三菱東京UFJ銀行からもVISAデビットが発行されています。

しかしながら借金を滞納中であるなら、クレジットカードを新たに作るよりも自分の信用情報のためにも先に返済することをお勧めします。
もし、複数社延滞していて返済できる自信がないのなら
債務整理を視野に入れて弁護士さんに相談するといいと思いますよ。
延滞中でも借りれる