他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中でも借りれる金融

現在借りているカードローンの返済を延滞している最中に新たな融資を申し込んでも、ほとんどの場合審査には通りません。
ほんの数日延滞してるのなら大丈夫かもしれませんが、延滞の情報は大手消費者金融ならどこでも嫌がります。

今返せていないのに更に借りようとする客は危ない客と判断するのが普通だと思います。
ましてや、3か月以上延滞していて信用情報機関にブラック情報が挙がっている人だと、中小消費者金融でも融資してくれる会社は限られてくるのではないでしょうか。

また、数か所からキャッシングしている人の場合、一か所返済するだけでも一苦労でどうしても返済が滞りがちになります。
そういう人は多重債務者とならないうちに銀行や大手消費者金融でおまとめローンで一本化することも考えてみましょう。
他社借り入れを1つにまとめることで金利が減る場合がある上、何カ所にも返済するという精神的負担から逃れることができます。

まずは、延滞している所をきれいにするために、新たなカードローンに申し込みたい人も多いことでしょう。
延滞中でも借りれる金融会社はあるのか?と言われれば、なくはないと思います。
大手は無理でも、街の金貸し屋とか昔でいうサラリーマンローンと言われるような中・小規模な金融会社なら審査が緩いので借りれる可能性があると思います。

中小では、債務整理歴も審査対象と言っている業者が多いです。実際借りれるかどうかはわかりませんが、とりあえず審査はしてくれるということです。
街金ではたいてい直近2~3か月分の給与明細を提示しなければいけません。
返済能力があるかどうかの判断材料となるので安定した収入がある人はポイントが高いと思われます。

中小では過去よりもこれから支払いしていけるのか、という点に審査の
重要性を置いている場合が多いので、大手よりも緩い審査と言われるようです。

ただし、金利は法定金利の上限ギリギリのところが多いです。それでも借りる必要があるのかよく考えましょう。
そして、お金のことで困っているならば、借金専門の弁護士さんがいて無料相談の窓口があることを覚えておいてください。
自己破産や債務整理も視野に入れて専門家に相談することで新しい道が開けてくるかもしれませんよ。
延滞中でも借りれる