他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中でも借りれる消費者金融はどこ?

消費者金融では普通、延滞とは61日以上または3か月以上の遅延状態を言い、3か月以上延滞すると信用情報にブラック情報として記載されてしまいます。
そうなると以降の審査にも悪影響ですし、もしそれが複数社からの借入れでその複数を長期延滞してしまうとなると、近い将来には自己破産などの債務整理も考えなくてはいけない状態になってしまいます。

債務整理など借金においての最悪状態のすべての根源は延滞から始まっているといえます。まずは借りたお金は期日にきちんと返済する。
人として当たり前ですがこれが一番大切です。
遅れることが分かっている場合は早めに借入先に電話しておくと考慮してくれることもあり、無断で滞納するよりは心証がいいと思います。

遅れた場合は遅延損害金が発生して、元々お金がないのに余計に借金が膨らむことになるんです。
とりあえず、遅れている分を支払いするために新たな借り入れをする、というのがよくあるパターンなのですが、これが多重債務の始まりなのです。
とはいっても借りるあてが他に無いならカード会社の貸付を頼るしかないですよね。

まず他社借り入れを延滞中ならば大手消費者金融の審査は通らないでしょう。
小規模の消費者金融や昔で言うサラリーマンローン、個人でやっている金貸し屋なら審査が甘いので、ひょっとしたらキャッシング可のところがあるかもしれません。

街金を紹介しているサイトを見てみると、審査の緩いキャッシング会社一覧などの情報が載っているので、そういうのを使って正規の金融会社を探すといいと思います。間違っても闇金に借りてはいけません。更なる地獄を見るだけです。
運よく正規のカードローン会社で融資してくれる所があっても、だいだいが高金利です。法定金利内でギリギリの高金利だと思います。

それでも借り入れするべきなのか、借りた場合は返済していけるのか、まとめローンで一本化した方がいいのではないだろうか?
など、よくよく考えて最終的にどうにも身動きがとれなくなったら借金専門の弁護士さんに相談することも視野に入れておきましょう。
それが今できる最善の方法だと思います。
延滞中でも借りれる