他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中におまとめローンが組めるの?

他社借り入れを延滞中の場合、新たにカードローンを申し込もうと思っても銀行や大手消費者金融ではまず審査に通らないでしょう。
中小の金融会社でも長期延滞で信用情報にブラックの事故情報があったり多重債務者だと判断されると借りれる所は限られるのではないでしょうか。

複数の金融業者から融資を受けていると毎月の返済に追われてついつい延滞してしまうことがあります。
ひと月の返済回数や返済額を減らす目的でおまとめローンに借り換える方法もありますよ。
上に書いたように他社借入があるのに新たな業者にキャッシングを相談するとおまとめローンを勧められることもよくあります。

多重債務者で困っている人にはおまとめローンに借り換えることで毎月の負担を減らすという方法があるんです。
このように言ってしまうとメリットばかりのように聞こえますが、まとめることによるデメリットもあるので説明しますね。

金利が低いおまとめローン商品があったので借り換えしたのに、返済期間が長くなったため、完済時の合計支払い利息が借換前よりも多くなってしまった、ということがよくあります。
毎月の負担を減らすために月々の返済金額を減らすと、借入した元金がなかなか減らずに結果返済期間が延びて支払う利息が増えてしまうというものです。

また、借入金額が大きくなるということは審査も厳しくなるというデメリットもあります。
ただ、おまとめローンに関しては総量規制の例外なので審査が甘い消費者金融会社でも借りることができます。

審査の心配に関しては甘い審査をする中小金融業者で且つおまとめローン商品がある業者を探して申し込みしましょう。
上記のように多重債務者且つ毎月の返済が延滞中で四苦八苦しているのなら、おまとめローンを検討するのもいいと思います。

しかし、デメリットに注意して本当に借り換えた方が得なのか計算してみる必要があります。
また、おまとめローンのおかげで毎月の返済額が減ったら借金も減ったと勘違いしてまた新たにキャッシングして自滅する人が中にはいます。
そこにも注意してください。

もしおまとめローンの審査にも通らず、返済の目途が立たない場合には、債務整理も視野に入れて借金専門の弁護士さんに
相談することをおすすめします。
債務整理にも色々あるので自分にとっていい方法を探すことができるのではないかと思います。
延滞中でも借りれる