他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

長期延滞融資中でも借りれるところ

引き落とし日に口座の残高不足で引き落としできなかった・・という経験のある人は多いと思います。
私も何度かありました。
これも延滞なのですが、程度は軽いです。

では長期延滞の場合はどうなのか?長期ってどれくらいが長期なの?色々疑問が湧いてきました。
一般的に消費者金融会社での長期延滞とは61日以上を指し、3か月以上延滞すると信用情報機関で金融ブラックとして記載されます。
一度ブラック情報が載ると完済後5年間は消えないので延滞を軽く考えてはいけません。

ブラックの間は銀行や大手消費者金融の審査には通らないでしょう。
元は長期延滞から始まって多重債務や最後には自己破産となっていくのですから。
すでに長期延滞の状況になってしまった場合、更に違う金融業者で申し込みできるのでしょうか?

金融ブラックの事故情報がある人はまず銀行や大手消費者金融審査には通らないのでカードローンやキャッシングは基本的に無理だと思います。
しかし、現在の延滞をそのままにしておく訳にもいかないですし、どこかでお金を借りて返済するしかないですよね。

可能性があるとすれば審査が甘い中小消費者金融でしょう。
中小ってどこにあるのかわからないじゃん、という人は街金の情報を載せているサイトがあるのでそういう所で情報を集めるといいでしょう。
質問すれば回答者が答えてくれたりもします。

ネットを見ると個人融資のサイトなんかもありますが、闇金に誘導されたり、金利が法外だったりと危険なことも多いので、貸金業法の下で営業している正規の金融業者で借りることをおすすめします。
金融事故があっても、今現在収入があれば金利は高くても融資してくれる所はあると思います。

そして今度こそ延滞を軽く見ないで期日にきちんと返済しましょう。
新しく借りたところでも延滞したらたちまち多重債務者です。
何度も言いますが、そんな生活を続けると、しまいには生活保護を受けることになりかねませんよ。
そうなってしまう前に、債務整理も視野に入れて借金専門の弁護士さんに相談するのもありです。自分の人生を大切にしてください。
延滞中でも借りれる