他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

延滞中作れたクレジットカード

消費者金融のカードローンの返済が延滞中でも新たにクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
まず、延滞の期間にもよりますが、1か月以上遅れていたなら危険です。

通常、金融機関では61日以上の遅延を長期延滞と呼び、危険人物と判断します。
3か月以上延滞すると個人信用情報機関に金融事故情報として記載されます。
こうなると金融事故者と呼ばれ、銀行をはじめどこの審査にも通らなくなります。

延滞期間が数日程度で、他にブラック情報がなければクレジットカードは作れると思われます。
しかし、長期延滞状態の場合、新しくクレジットカードを作ることは難しいと思います。

もし、過去に延滞していても延滞解消から5年以上たち事故情報が消えていたなら、他社より審査が甘いと言われている
アコムACマスターカードなど審査が甘いカード会社でなら作れるかもしれません。
事故情報真っ最中であるなら、残念ながらどこの審査にも通るとは思えませんので新たなクレジットカードの申し込みは諦めるしか
ないでしょう。

カード会社の審査の上では1か月くらいの延滞を3回以上するのも危険だといわれています。
ちょっとくらいと軽い気持ちで
延滞したことが今後の人生で大きな傷になるのですから、そのあたり十分に考えて行動しなければいけませんね。

クレジットカードとは性質が異なるのですが、デビットカードなら審査自体が無いのでブラックリストに名前があっても作れます。
なぜなら、決済方法がクレジットカードのような事後決済ではなくデビットカードの場合は即時決済なので、口座にある
お金の分しか買い物ができないからです。

例えばVISAデビットならVISAカードが使えるお店なら同じように使えるので利用範囲はとても広いです。
金遣いが荒いと自覚がある人なら却ってデビットカードの方が無駄遣いしなくていいとも考えられます。

クレジットカードのようにキャッシング機能はついていないので、本当に現金を持ち歩かないためのカードとも言えますが、
金融事故が理由でカードが作れなくて、でもどうしてもカードが持ちたいのならば、一考の余地はあるのではないでしょうか。
海外では沢山の人が活用していて、日本でも最近人気となっていますよ。
延滞中でも借りれる