他社延滞中でも借りれる消費者金融でキャッシングをしたい!審査ブラックでもお金借りたい!金融会社によっては審査基準が異りローンも可能なところもありますが、もうダメな時は債務整理も考えたほうが良いでしょう。

延滞中でも借りれる消費者金融【キャッシング】クレジットカード長期延滞融資

延滞中でも借りれる

長期延滞でも借りれる

消費者金融で返済に遅れると数日で電話や請求書がきて、更に経過すると電報が届いたり家族に連絡がきたりすます。
取り立ての連絡回数も徐々に増え、3か月支払いしなければ信用情報のブラックリストに記載されます。

3か月までには必ず返済するようにしましょう。
でなければこれ以降長い間クレジットカードが作れなかったりローンの審査に通らなくなってしまいます。

しかし世の中には金融会社への返済を長期延滞している人がいっぱいいます。
いっぱいいるからといって安心してはいけませんが、同じように長期延滞者でもキャッシングできる金融機関を探している人が口コミを掲載したり情報交換をしているサイトがけっこうあるのです。

大抵の金融業者では信用情報機関に登録して情報を共有しています。
大手消費者金融はスピード重視で審査をシステム化していて、金融ブラックと言われる人は名前を入力した時点で事故情報ありとしてはじかれてしまいます。
しかし、中小の消費者金融審査では信用情報に事故情報があったとしても、今現在収入があって返済していけると判断したならOKとして融資してくれるところがけっこうあります。

もちろん、正規の消費者金融会社でです。年利20%以上とるような所はヤミ金だと思われますので注意してください。
怪しいと思ったら登録貸金業者検索で登録番号や業者の名前があるかチェックしてください。
無ければ違法業者ですので絶対に借りてはいけません。

正規の金融業者でかつ審査の緩い、借りやすいお店の融資情報は街金のサイトや2chの借金版とかにも載っていて、相談すると回答者が答えてくれたりもします。
昔でいうところの金貸し屋レベルの小規模店は地元でも気付かなかったりするものなので、口コミなどが貴重な情報源となります。

ただ、中小消費者金融会社の金利は大手よりもまだ更に高く、法定金利の上限ギリギリまで取るところが多いです。
その上借入限度額も最初は10万などという所もあり、本当に小口のお金を借りるといった感じです。
それでも本当に借りるべきなのか、よく判断して、借りたなら今度は延滞しないように十分気を付けましょう。

あっちからもこっちからも借りてばかりだと多重債務者になって自己破産まっしぐらなんてこともありえます。
必ず強い意志で返済していってくださいね。
延滞中でも借りれる